Monthly Archives: 4月 2011

美しい女性

24 4月 2011

先日 美しい物が好きと書きましたが、人に対してもそうです。美
しさって 日本では若い女性の代名詞のようになっていますが、
私は少し違う見方をしています。 形だけや 外見だけ あるいは
若さだけ というのは美しいのとは違うと思います。
ある年齢を越したあたりから 内面 すなわち知性や品性や ある
いは人生経験や生き様が 成熟度となって その人の外見上に現れ
てくるのです。
年齢を重ねる毎に 内面から輝くような 透明感のある女性になっ
ていきたいですね!

毎日沢山の患者さんと接していると、その人の生き様が分かってき
ます。もっと云えば お口の中を見ると性格まで分かるようになります。

大切に生きるという事は、どれか一つでも疎かにはしてはいけない
のです。時間や自分自身や 仕事や人間関係までも 大切にしてこそ
その人自身が輝ける事を忘れないでいたいものです。

また健康な身体があってこそだという事も 食べ物で人の身体は作
られているのですから、身体に良い食物を良く噛んで 質の良い唾
液を出して
胃腸に負担をかけないようにすることも大切です。

誰もが 老化は避けられないけれど、遅らせる事は出来ます。みな
さんも少し意識をしてみてください!
毎日少しづつでも何年も経つと 大きな差になりますから!

22 4月 2011

私は小さい頃から美しい物に非常に関心が高かったとおもいます。

例えば、母親が可愛いと選んでくれた洋服や小物も、自分の中で綺
麗と思わなければ
それはただの消耗品に過ぎず、決して大切にはしないような生意気
な子供でした。

でも、一旦私が美しい!と思った物は今でも大切に取ってあります。
それがただの布切れであってもです。
私の中のきれいな物はドンドン進化していき増えてきましたが、捨
てられないのもまた問題ですね!

きれいな物って何?という疑問もわきますが、それは私の私観であ
りますから
これが…という訳ではありません。
ただ、いつもの風景なのに空の色や太陽の光によっても見え方が違う!
というような事や、ほんの小さなビーズが付いたブローチだったり、
どこかの劇場のパンフレットのデザインだったり、増えてきたそん
な物を整理するために眺めていましたら有ることに気が付きました。
全ての物に共通するのは 非常に色や形がバランスがとれているのです。
たかが紙一枚にしてもです。

建築物が好きでアチコチ外国を廻り、美術館を巡り写真を撮ってき
ましたが
私の拙い写真ではどうしても美しさを出すことが出来ずに、で写真
は諦めています。
(カメラの性能ではなく、私の技術が劣っているのですが)

世の中にはアンバランスの美学というのも無いわけではないのでしょうが
私に私の哲学があるとすれば、均衡すなわちバランスが全てだと言
い切れるのです。

均衡を辞典で調べてみると、二つまたはそれ以上の物事の間で力や
重さなどの釣り合いがとれている事、と出ていました。
私の中にあるバランス感覚というのでしょうか、物事の判断や好き
嫌い等など全てにおいて、私はそのバランス感覚で判断しているの
だと感じます。

洋服がどんなに素敵でも靴やバックが合わなければ決して素敵では
ないとか、
高いジュエリーを沢山付けていてもその指先の爪がお手入れしてい
なければ綺麗に見えないとか、
髪のお手入れを怠っていればパサパサの髪の毛に覆われている顔も
艶があるようには見えないばかりか、かえって老けて見えるとか、
どんなに顔のお手入れをしていても笑ったその口の中が並んだ白く
輝く歯がなければ …

皆さんも、ひとそれぞれに同じようなバランス感覚が有るのではな
いでしょうか?
五十何年も生きてきた私ですから、私は私なりに
これからも私のバランス感覚というフィルターを通して物事や物を
みるでしょう。
そして、そんなことをこれからもこのブログを通して語ってみたい
と思います。

美しい物への関心

17 4月 2011

私は小さい頃から美しい物に非常に関心が高かったとおもいます。

例えば、母親が可愛いと選んでくれた洋服や小物も、自分の中で綺
麗と思わなければ
それはただの消耗品に過ぎず、決して大切にはしないような生意気
な子供でした。

でも、一旦私が美しい!と思った物は今でも大切に取ってあります。
それがただの布切れであってもです。
私の中のきれいな物はドンドン進化していき増えてきましたが、捨
てられないのもまた問題ですね!

きれいな物って何?という疑問もわきますが、それは私の私観であ
りますから
これが…という訳ではありません。
ただ、いつもの風景なのに空の色や太陽の光によっても見え方が違う!
というような事や、ほんの小さなビーズが付いたブローチだったり、
どこかの劇場のパンフレットのデザインだったり、増えてきたそん
な物を整理するために眺めていましたら有ることに気が付きました。
全ての物に共通するのは 非常に色や形がバランスがとれているのです。
たかが紙一枚にしてもです。

建築物が好きでアチコチ外国を廻り、美術館を巡り写真を撮ってき
ましたが
私の拙い写真ではどうしても美しさを出すことが出来ずに、で写真
は諦めています。
(カメラの性能ではなく、私の技術が劣っているのですが)

世の中にはアンバランスの美学というのも無いわけではないのでしょうが
私に私の哲学があるとすれば、均衡すなわちバランスが全てだと言
い切れるのです。

均衡を辞典で調べてみると、二つまたはそれ以上の物事の間で力や
重さなどの釣り合いがとれている事、と出ていました。
私の中にあるバランス感覚というのでしょうか、物事の判断や好き
嫌い等など全てにおいて、私はそのバランス感覚で判断しているの
だと感じます。

洋服がどんなに素敵でも靴やバックが合わなければ決して素敵では
ないとか、
高いジュエリーを沢山付けていてもその指先の爪がお手入れしてい
なければ綺麗に見えないとか、
髪のお手入れを怠っていればパサパサの髪の毛に覆われている顔も
艶があるようには見えないばかりか、かえって老けて見えるとか、
どんなに顔のお手入れをしていても笑ったその口の中が並んだ白く
輝く歯がなければ …

皆さんも、ひとそれぞれに同じようなバランス感覚が有るのではな
いでしょうか?
五十何年も生きてきた私ですから、私は私なりに
これからも私のバランス感覚というフィルターを通して物事や物を
みるでしょう。
そして、そんなことをこれからもこのブログを通して語ってみたい
と思います。

久しぶりに女友達と温泉へ

2 4月 2011

あんなに 辛い震災があった後なので 軽い PTSD になっていた私でしたが、 久しぶりに女友達と温泉に行ってきました。

毎日流れてくる 震災のニュースに どれだけ多くの人が胸を痛めているでしょうか? そして如何に自分が 何も出来ないと 無力感に襲われていることでしょうか?
私がちようど そのような状態でいる時に 女性の矯正患者さんが、
私の顔を見て涙を流しながら 辛いと訴えた時に 私は あっ!これではいけない こんなに若い人達が 暗く落ち込んでいては駄目じゃないの… と思い
その患者さんに 私達に出来る事は 節電と 普通に暮らす事だと 自分にも言い聞かせるように 話しました。

そうなんです 私達は今までの生活を し続ける義務があるのです。募金箱を見つけたら お茶を飲んだと思い 千円、また何処かで 千円と…
機会があれば 募金に励み 日本の経済を落ち込ませない様にしなければならないと思います。

それでこの度 ちょっぴり罪悪感を 持ちながらも 気分転換をしに 行ってきました。 お風呂に入って 美味しいお食事をして、限りなくお喋りをして
いたら 凍りついていた心が いつの間にか 溶け出していました。
私は また明日から 患者さんと 笑顔で話せるようになるでしょう?

最後に 被災にあわれた 皆様が一日も早く 復旧 復興する事を 望み 応援しています。