Monthly Archives: 2月 2012

美しい南仏に想いをはせて

20 2月 2012
DSC00336.JPG

ちょうど今から3年前の夏に南仏に二ヶ月程滞在していました。そこは本当に美しい所で地中海に面した港町でとても小さな町でした。
語学学校に通う傍ら休みの日には必ずと言ってもいいほど近隣の町や村を巡って歩いていました。
そこで出会ったものは今でも私の宝物です。そしてそれは数多くの芸術家の足跡を辿る事でもありました。南仏という所は本当にたくさんの芸術家が愛した小さな村や町がありました。
何故 こんな田舎に?という疑問も町や村に着くと自ずと答えがでてくるような素敵な所ばかりでした。

マティスが愛したのはヴァンスとサン・ポール ルノワールはカーニュ・シュル・メール
ジャン・コクトーが住んでいたのは レモンで有名なマントン ピカソが愛したのは アンティーブにムージャン 建築家のル・コルビュジェも
みんな美しい南仏を愛したのです。

南仏は地中海に面していて太陽の光が特別に美しい所です。単純に光の量が湿度の少ない空気の層を透して降り注ぐ為に
水蒸気に屈折せずに地上に届くのではないかと思います。(私の個人的な思い込みなので、もし間違っていたらごめんなさい。)
だからニースの海岸はあんなにも美しいエメラルドグリーンなのでは?と私には思えるのです。

そんな太陽の光の下では 地球上のすべての物がその輪郭もくっきりとし 色もはっきりと見えるのです。色が命の画家にとっては
南仏の溢れる陽光のもとで より制作意欲が湧きでたのは想像に難くないでしょう。 それほどに眩い陽の光のある人々を惹きつける美しい村や町でした。

それだからなお 今年の北海道の冬は私にとって とても辛いのです。(歳のせい?)
生き物は皆 太陽の光がないと元気が無くなってしまいます。それは自然の摂理なのでしょうか?
パリは緯度が高いため冬は日が短く朝の8時過ぎにようやく明るくなり、夜はもう4時には暗くなります。
そして曇りの日がほとんどですから 冬は気が滅入る、とパリに住んでいる友人はよく言っていました 本当にその通りですね。
この凍てつく氷雪の下に春の息吹を待ちわびている若芽のように、私もあと少し耐えます。

それでも私は湿度のある日本の陽炎のようなぼんやりした輪郭のはっきりしない景色にとても風情を感じます。
そして、そのことが日本画や水墨画の趣きと重なっているのが日本人として理解でき 侘び寂びとか幽玄を味わえる喜びを感じます。

春待ち焦がれるコート

12 2月 2012
20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae.jpg 041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7.jpg

この冬の大寒波と雪に 最近の私は疲れきっています。 毎日の大雪のニュースに心を痛めているのは
私だけではないと思います。こうも毎日寒さと悪天候が続くと もう嫌!と何回
心の中でつぶやいたことでしょう。いつもの冬でしたら車の運転をしながら、モノクロの雪景色を見て世界はなんと美しいのだろうか?なんて悠長に冬の北海道を楽しんでいました。
でも今年はちょっとしんどいのです。いったいいつまでこの寒さと雪が続くのか?と身も心も重く沈んでしまうようです。

大好きなコートのお洒落も あまりの寒さに実用的なダウンかムートンしか着られずにフラストレーションが溜まってしまいます。東京から転勤してきた友人は
北海道の3回目の冬が辛いと言っていましたが、慰めている私もこの冬は…でもそれではいけないと思い
寒くて辛い季節が終わったその後の春にはどんなコートを着ようかな? と雑誌をめくっています。

雑誌の中では春が一足も二足も先に来ていて
トレンチコートを素敵に着ているモデルさん達が紙面を飾っていました。今年の春にはベージュのマッキントッシュのトレンチと軽やかなスカーフを合わせて…とイマジネーションは膨らみます。春真っ盛りになったら
あの紺色の小花模様のコットンのコートを着ましょう。と自分のワードローブの中の洋服を頭に浮かべては楽しい想像をしています。

こんなにも北国の春を待ち遠しく思えるほど今年の冬は厳しいのでしょう。それでも雪まつり会場がたくさんの人達で賑わっているのを見ると 気持ちが少し和らぎました。

自己の心を見つめる

11 2月 2012
public_image_1_1010010548580.jpg

誰にでも起こりうる 心が折れそうになる事に遭遇した時に その人はどの様な行動をとるのだろうか?

去年の3.11のあの大津波の後で
目の前の瓦礫を黙々と片付けている人々をテレビで見て胸がいっぱいになりました。また近年にない大雪に毎日黙々と雪かきに追われる人達を見ては
頭が下がる想いでいます。

外国の人達から見るとそれはとても不思議な光景なのだとか?涙を流している人はいても喚いてる人はいなかったし、災害に遭った人々の表情からは悲しみや怒りよりも
諦めと覚悟を読みとれるだけでした。

どれほど沢山 泣き叫ぼうと怒り狂おうとも 突然災害に見舞われた事は仕方ないと諦めているのでしょうか? いやそれは違うとおもいます
それよりも今夜 安全に寝られる場所の確保や水や食べ物の事を最優先にするような
そんな生きる事への人間の本能みたいなのかもしれません。逆にそれだからこそ早く立ち直れるのだと思います。悲しみにくれて食べられなくて弱っていくよりも
食べて眠ってエネルギーを蓄積して普通の生活に戻っていく事のほうが何倍も大切な事だから…

普通の生活を何事もなく ましてや悩みもなくて一生を送れる人は皆無でしょう。どんな人にもある日突然に…と言う事はままあると思います。その時に自分がどのように対処し善処出来るのかは
日頃の心の訓練なのだと思います。何か事柄が起こった時にパニックや捨て鉢になったりせず 冷静に状況判断を出来る事が望ましいと思います。

それらは災難や事故だけではなく 病気や仕事や家庭内のこと 日常的な困難にも同じことが言えると思います。
嘆いていても悲しんでばかりいても何も解決しないことを先人の知恵を持って乗り越えられるよう そして少しづつでも前向きに生きて行けるようにと願っています。

私もどんな時でも自己の心を強く持てるように日頃から修練を積みたいと思っています。

ヴァレンタインに

4 2月 2012

今 デパートの食品売場ではヴァレンタインデーの為に
有名チョコレートブランドの各ブースに美しいパッケージに入っているチョコレートがならべられています。どれも美味しそうで高そうなチョコレートを見ながら
ちょっと複雑な思いで眺めていました。

それはあるテレビ番組で見た光景が目に焼き付いているからです。アフリカのガーナでチョコレートの原料であるカカオを栽培している農園で働いているのは6歳と9歳の兄弟でした。彼らは奴隷として朝から夜までカカオの木に登りカカオの実を取っています。そして彼らはカカオが何になるかも知らずに学校にも行く事も出来ずにいるのです。
テレビ局の人が差し出したチョコレートを兄弟が食べて、初めて美味しいと笑った笑顔に涙がこぼれました。そして年端もいかない子供達が過酷な状況で奴隷として働かされている現状に言い知れぬ恐怖と怒りを覚えました。

だからと言って直ぐにフェアトレードの製品しか買わないようにする というのではない所が私の意思の弱さでもあるのですが…
でも最近は物を買う時にはちょっと考えるようにしています。
スターバックスやイオンなどではフェアトレード製品などの動きがいち早く取り入れられていますので興味のある方はどうぞ見てみてくださいね。
世の中の事で知らない事は沢山ありますが 何かに疑問を持つ事はとても大切なことなのです。

私はなるべく生産者の顔が見える物を買うようにしています。そしてオーガニックの製品も大好きです。私の健康の為に欠かせないものは亜麻仁の粉末とアマゾンのコパイバ
マリマリとニュージーランド製のMANUKA HONEYです。
詳しい事はわかりませんが、私の身体にとても合っている物だと思います。これからも自分の身体に合うものを直感を信じて探していきたいと思います。
私は若い女性にいつも感じていることは、身体は食べ物から出来ているのですから 無理なダイエットをしていては美しい肌や髪の毛は維持出来ないと思っています。もっと自分の身体の声を聞いてあげてくださいね。