Monthly Archives: 3月 2013

Glee&Dream High

27 3月 2013
DSC00306.JPG DSC00297.JPG

私の大好きなテレビ番組の中のひとつに Gleeがありますが、この番組は学園物でしかもグリークラブという課外活動でので内容で彼らが歌って踊るのですが ミュージカル仕立てになっています。
この物語の面白さはアメリカの学生生活が見られて 様々な人種やゲイや障がい者などマイノリティの人達が数多く取り上げられているのです。
多種多様な人達がお互いに本音を言い合いながら ぶつかったり ケンカをしたり そして仲直りをしたりして
そうしながらも互いに協力しあって良い舞台にしていくという お決まりの青春学園ドラマですが、本音のぶつかり合いなどがとても面白くかんじます。

キレイ事ではなく若者特有の残酷な部分や 本音などを深く掘り下げています。
そんな彼らのいじめや葛藤や恋のバトルなどが 悲喜こもごも散りばめられながら話は進んでいくのです。

このGleeは今はシーズン4ですが 最初よりだんだん歌やダンスのレベルが上がってきているように見えます。
私はその中でも若い彼らの本音の部分に胸がじーんときます。遠い昔の自分のように ぎこちなく自分を尖らせて生きていたあの頃
それでいて自分に自信がなく人との付き合い方も下手で不器用な生き方しか出来なかった私の姿に重なります。

若い時の失敗や過ちや屈折した想いは 若さゆえの事なんだと今更ながら思います。人は必ず失敗したり間違えたり過ちをおかしたりします。 でもその中から
同じ失敗 同じ過ちをを繰り返さないようにすれば良いのです。

一日の始まりに今日は良い行いができますように!と自分自身に言い聞かせるのです。そして夜寝る前に自分の言動で誰かの笑顔を見られた時の事を思い出すのです。そうすると
ほんとうに精神が穏やかに全ての事に感謝する気持ちになれるのです。

だから学生時代をなんの悲しみや苦しみもそして感動も感じないで過ごすより
色々な人達と全力でぶつかり分かり合う事でその後の人生を深いアジのあるものになるのではないでしょうか。

歌とダンスの学園ドラマといえば韓国の Dream High も好きです。
Gleeに比べると綺麗で夢を持たせた内容で いかにもフィクション?! でも、とても楽しめました。

春の気配に優しい料理

19 3月 2013
IMG_4692.jpg

今年は寒く雪が多く そして長い冬で 毎日が我慢の連続でした。 3月も半ば過ぎてやっとほんとうにやっと太陽の光に少しだけ春を感じてきました。
そんな春めいた気配に私の心も軽くなり 煮付けにしようと思っていた大根を使ってきれいな春らしい料理に変更してしまいました。

冷蔵庫に桜えびとニラがあったので
久しぶりに大根餅を作ってみました。出来上がりは半透明なお好み焼きみたいな感じです。私の作り方は適当なので本当の作り方とは違うかもしれませんが
むかし台湾で食べた味に近いと思います。この大根餅も最初に食した時には中華料理なのに油っこくなくて美味しい!と思ったものなのです。

作り方は 大根三分の二本分を千切りにして長ネギ半分とニラを小口切りにし そこに桜えびと帆立の細切れを入れた中に
片栗粉を適当に入れてちょっと粘り気が出るまで混ぜ合わせます。その中に塩とかつおだしの元を振りいれて
後はフライパンでお好み焼きの要領で焼くだけです。焼けたら切り離して好みの調味料で食べるだけです。醤油とお酢の餃子のタレでもコチュジャンと醤油とごま油のタレでも
大体なんでも合いますよ。

半透明の中に緑色のニラと桜えびのピンクがとても春らしい感じで仕上がります。お皿にも春を感じる桜の模様がついた大皿に紅しょうがを飾りました。
大根餅はとっても優しい味で大根の食感も残っていてお餅のように粘り気もありますので食欲のない時やお子さんでも食べられます。
大根餅自体に少し塩味がついているのでそのままでいただいても美味しいのです。

1月2月の寒さが厳しく雪が多い日にはオックステールと人参と芽キャベツの赤ワイン煮や 豚の角煮
牛肉のとじゃがいもとそら豆のシチューこれも赤ワインの煮込み料理に近いです。冬の寒さには熱々の煮込み料理が自然と食べたくなるのです。そして我が家では赤ワインはもっぱら煮込み料理に使いますが、ワイン好きの友人にもったいないと云われるくらい美味しい赤ワインをたっぷり使います。(笑)

これは料理を美味しくするコツのひとつではないかと思います。

そしてその時々の季節にあった料理は昔から伝わった先人達の知恵がいっぱい詰まっているのだと思います。これからもどんなに便利な世の中になっても大切にしていきたいものの1つが食文化ではないでしょうか。

明日はお彼岸です。 父とご先祖さまにお供えするためにあずきを煮て牡丹餅を作ろうと思っています。料理に手間をかける気持ちは愛情の表現そのものだと思います。

se mettre du parfum

2 3月 2013
IMG_9163.jpg

フランスでは男性から女性へ香水のプレゼントがとても多いのです。それだけに女性も香水をTPOに合わせて上手に使いこなし 朝と夜につける香水も
自ずと違うのです。フランスの女性はティーンエージャーの頃から自分に合った香水を選ぶのですから
大人になった時には香水のエキスパートになっているのですね。

香水のお店は宝石店の様にキラキラしてボトルにも凝っていて甘い香りで消費者の購買意欲をそそるように作られています。香水の種類も本当にたくさんあってきっと気に入った香りを見つけられると思います。デパートの中でも化粧品と同じくらい多くの香水だけのブースがあり
そこのスタッフがシュッとひと振り紙にかけてくれ 色々な香りを試させてくれます。

以前 私はあまり香水が好きではなくシャンプーやボディーローションの香りのほうが好きでしたが
ある時フランスに住んでいる友人がお土産に買ってきてくれた香水の香りがとても気に入ってそのボトル一瓶を全部使いきってしまいました。それ以来香水が好きになり 特に友人が買って来てくれたフランスの香水の老舗のものが一番好きで  今でもそれをチョイスすることが多いのです。

香水の老舗ゲランは昔から夜間飛行やミツコなどの香水がとても有名ですから 香水の名前だけは良く知っていました。
私の若い時には女優さんや大人の女性が付けるものだなんて勝手に思っていました。でもゲランの中でも若い人向けや
あまり甘すぎない爽やかな香りのものも色々有ったのです。
私はフローラル系のちょっと爽やかな女性らしい香りを最近好んで使っています。
その香水は ゲランのアンソレンヌやラ・プチローブノワール それにクロエのラブクロエ、エルメスのラ・メール デ メルヴェイユなどです。やはり行く所や着ている洋服などTPOに合わせてつけています。

道路(みち)ですれ違った女性からとても良い香りがしていたら思わず振り返るのは私だけでしょうか? 洗剤のコマーシャルではないですが
その人の匂いは その人を印象付けるのにとても大事なものです。五感の中でも視覚・聴覚の次に嗅覚がそして味覚と続くのではないでしょうか?
女性にとっては 香水の使い方一つで心憎い演出も可能だということです。だから貴女だけの素敵な香りを見つけて下さいね。

父は香水が大好きでしたので 入院中に手足を良い香りのするボーディローションやオイルなどでマッサージをしてあげましたら とても喜んでいました。
そして目も開けられなくなってきた時に
私のいつもつけている香りで私が来た事を分かってくれました。そして私の名前を呼んでくれたのが 私と父の最後の会話でした。