Monthly Archives: 6月 2013

ある雑誌を読んで…

26 6月 2013
mail_3.jpeg

先日 飛行機に乗る前に時間があり なんか雑誌でも…と思い空港の書店に行き

週刊誌を手にとってみましたが、世の中暗いニュースばかりで読む気もなく 仕方ないので女性誌のコーナーへ
手にしたのは美ストーリー?のミニサイズの雑誌でした。普通サイズの雑誌と中身は同じでもバックに入る大きさなので、つい内容を確かめもせずに
買ってしまいました。(新しい物好きゆえ)

雑誌は本当に可愛くてちゃんと私のトートバックにエビアンと共にすっぽりと収まりました。機内で雑誌をパラパラめくると 内容はいかに若く綺麗になるか
とか化粧の仕方やアンチエイジング効果で
またはレーザーやその他あらゆることを駆使しての内容でした。それらの活字を見ているだけで、雑誌を買って失敗したと思いました。

私は美容に関しては大ざっぱでいい加減なのですから、だからと言って何もしなくて良いという訳ではありません。
食物や 基礎的な肌のお手入れはちゃんとしています。洗顔と化粧水と美容液と後は紙のパック そして日焼け止め これくらいです。

肌に何かを入れたりレーザーを照射するのは アレルギーがある私にとってはとても怖い事なのです。過去に抗生剤で酷い湿疹が出て
それを治すのに時間がかかった事があります。だから私は薬に対しても敏感に反応してしまうので、薬なども殆ど服用しません。

風邪をひいたり 胃腸炎?になったりしても
私の治療法は昔のおばあちゃんの知恵のようなもので治してしまいます。NZのマヌカのハチミツやアマゾンのコパイバオイルだったり 亜麻仁油
梅干し入りのほうじ茶を飲んだりと 先人に習って活用しています。

幸い今まで大きな病もなくきましたが 自分の身体の声を聞いて こまめにメンテナンスをしていきたいですね。
そして心をいつも穏やかでいられるように
美しい物や自然そして暖かな家族や友人達に触れていたいです。(こういうことが心とカラダの栄養になって自己免疫力を高めるのだと思います)

そして私は買ったばかりのミニサイズの雑誌は機内に置いてきました。私にはこういう雑誌を読む事のほうがストレスになるのです。それよりも機内誌などのほうがずっとためになるし面白かったのです。(ちなみに写真はTGVの車内誌です)

空知の美しい落日

24 6月 2013
1.jpg

いつもの日曜日の夕方 車で高速道路を北へと走っている時に感じる事があります。ちょうど西陽(にしび)が畑や水田や木々
ポツンと佇む家や納屋を照らしている空知平野の風景はとても美しいのです。水を張ったばかりの水田の水面に光が反射して
キラキラしているかと思えば、木々や畑の緑色が幾重にも重なりまるでセザンヌの風景画のようです。空の向こうには暑寒別岳や大雪山系の山並みが薄墨のように重なりあっています。

私は空の色が時を追って刷毛で色を塗っていくように 水色から群青色にと変化していくのを見ているのがとても好きなのです。先日は月が最も地球に接近して見える
スーパームーンでなんだかファンタスティックな景色でした。

こんな日はきっと神様が私達人間の為に 美しい景観を用意してくださったのに違いないと思ってしまいます。

写真家だったらこの刻々と変化する一こま一こまを切り取りたい!と思うであろう美しく愛おしい落日でした。

その時に車の中で流れていた音楽は クレーメルのピアソラのタンゴ曲で ヴァイオリンがとても美しく胸に響きました。

風景と音楽と彩(いろ)そして香り 時間が経ってもどこか心の片隅に記憶の一部として留めているのでしょう。

たくさんの美しい思い出を引き出しにしまって いつかまた真珠のネックレスのようにひとつづつ取り出していきたいと思いました。

日仏ロボットデザイン大賞に参加して

22 6月 2013
mail-1.jpeg mail.jpeg

寒かった5月も終わり
いきなり夏になってしまったかのような6月です。5月の雪がとても悲しくて いっときでも忘れたいと思い 母と韓国にショートトリップしてきたのが5月の中旬
そして5月の下旬に日仏芸術文化交流会の第3回日仏ロボットデザイン大賞の授賞式の為に東京のお台場ソニー・エクスプローラサイエンス館に行って参りました。日本、フランス、ルクセンブルグの子供達がとても喜んでくれたことがこのNPO法人日仏芸術文化交流会の副理事を10年間続けてきた事への大きな励みになりました。そして来年もまた第4回日仏ロボットデザイン大賞を開催することを
他のメンバーと共に決定してきました。
それにしても子供達のロボットデザインの発想はとてもユニークで面白いものでした。

久しぶりの東京でしたがとても充実したものでした。夜には他の理事達とのディナーミーティングがあり美味しいイタリアンに舌鼓を打ちました。そしてその後、私は恵比寿のタンゴ教室のミロンガへ行っってまいりました。東京でのタンゴ教室には
まだ行った事がなくてちょっと不安でしたがとてもフレンドリーな所で気持ちよくアルゼンチン.タンゴを踊らせて頂きました。♫

今ではソウルでも東京でも時間があればついアルゼンチン・タンゴを踊れるミロンガに行くのが習慣になりつつあります。
初めての所でも 皆さんこんなに優しいの?と驚くくらい親切で そして、もちろん踊りもお上手で熱気と活気がありました。
タンゴの音楽に合わせて踊るアルゼンチン・タンゴ 一度みなさんもチャレンジしてみては如何でしょう?