ホーム » 徒然日記 » 美しい季節の移ろいに思う事

美しい季節の移ろいに思う事

22 10月 2011
IMG_007.JPG

野山の木々が荘厳な冬を迎えるべく衣替えをしている秋が 私はあまり好きではありませんでした。
それはこの華やかさが今の時期だけに限られているからです。
真っ赤なグラデーションを奏でるもみじや楓 透き通るような黄色の葉の銀杏のなどがもう直ぐ色褪せて そして儚く散って無くなってしまうからです。
そうしたら 寒々とした11月の灰色の空に すっかり葉の落ちてしまった木立が心もとなくひどく淋しげに見えるからです

それでもつい最近 妹のように思っている友人に新しい出会いがあって、彼女曰く(長いこと待ち望んでいた白馬に乗った王子さまのような出会い!)と幸せの報告があり
私もとても嬉しくて 友人と一緒の幸せな気持ちになっています。
今まで一人で寂しかった分 本当に幸せになってもらたいと心の底から願いました。

それにもう一人の若い友人にも出会いが… 多分きっと良い出会いのような気がします。
彼女の幸せな笑顔が それを如実に物語っていました。
私の周りの女性達が幸せになってくれるのを、私もウキウキとした気持ちで応援しています。
今 私は彼女達2人の幸せを心から祈っています。

私は何故か女性にはいつも優しいお姉さんの気持ちになってしまいます。
けれど男性に対しては正反対で とても厳しく採点基準が高くなってしまいます。
それに最近では 知的水準が高く文化的な要素もあり しかもクールでかっこ良くスマートな物腰でそして誰にでも(若いお嬢さんだけではなく、老若男女
身体の不自由な人にも)すべての人に優しくて 自立していて おまけに男らしいと思うような男性には
滅多にお目にかかった事がありません。(そんな完璧な人いませんよ!)

そんな男性嫌いの私ですが ドラマの中だけは別のようです。
今は韓国ドラマ ”最高の愛〜恋はドゥクンドゥクン” を見ていますが 楽しくも胸がきゅんとなるのです これは全ての女性に是非お薦めします。
現実より ドラマの中の男性は 何倍も素敵です。さすがドラマですよねぇ〜 (笑)

もうすぐ何もかも真っ白に覆い尽くしてしまう雪が降ってくるでしょう
それでもその純白で、どこまでも白く凍てつく大地の下に 春の新しい命の育みがあることを知っています。
巡り来る季節の移ろいに人生を重ねて思う事は 冬をじっと耐えたあとには必ず暖かい春が訪れる事に感謝しながら 一日を終えたい。

徒然日記