ホーム » 徒然日記 » 魅惑的な赤色

魅惑的な赤色

20 4月 2013
image.jpeg

まだまだ寒い日々が続いていますが、日差しには春の暖かさを感じられるようになってきました。あんなに積もっていた雪がいつの間にか消えていき、木々には固い芽が今か今かと外の様子を伺っているかのようです。そして桜前線が南から北へ駆け足で来るように
渡り鳥の白鳥の群れも北の空へと飛んで行きます。

さすがに もう冬のコートはクリーニングに出してしまいました。そして今シーズン大活躍してくれたブーツをメーカーに出し
踵を取り替えブーツの中も外もクリーニングしてもらいます。来年また気持よく履けるように!

そういえば先日もファッションリングの花びらの部分がとれたので修理に出しました。このリングはとても気に入っていたもので愛着もありましたし
それに何よりとても凝ったデザインで今では買えないものなのです。それが新品のように仕上がってきたので本当に嬉しくなりました。これまで以上に大切に使用したい思っています。

こうしてみると私は物をとっても大事にする性格なのでしょうか
もう何十年も前の洋服やバックも今だに使用しています。この間も黒のコートに差し色で真っ赤なバック(20年くらい前のもの)を持っていましたら
オシャレな方から褒められました。このバックは私の場合 冬の間に数回しか使用しないのもなのです。
何故かは私にも分かりませんが その時の気分なのですかね?

赤といえば今年は赤い色のプレゼントが多かったので この時期に着ているいつものトレンチコートの襟元に赤いシルクのスカーフをあしらって
赤のエナメルのパンプスを履こうと思います。
大人の赤はそんなに派手ではないように思います。今年は赤を上手にコーディネートをしながら楽しんで見たいと思います。
赤い色がとても似合う情熱的な友人のように さら〜っと赤の色を纏うなんて… できるかな〜(けっこう構えてしまうかもしれません)

徒然日記