ホーム » 徒然日記 » 導き

導き

12 12月 2013
image-3.jpeg

教師の喜びとは教え子達の成長を何よりも一番に望み それを自身の至上の喜びとすることだと私は思います。
私も今までに色々な先生に教えを請い、それぞれの先生によって 良い機会に恵まれたり機会を与えて頂いたり 人とのご縁を頂いたりと
私自身が素晴らしい恩師との出会いによってステップアップやグローアップ出来たと思っています。

人の一生において願わくばそのような素晴らしい恩師と呼べる先生に教えを頂きたいと思うのは私ばかりではないでしょう。
先生のひとりよがりや独善的ではなく 教え子達の個々の自主性を尊重出来るような そんな懐の深い先生に出会い 生徒達は無限の可能性を見出され
そして花を開かせる事が出来るのだろうと思います。

今の私のお茶の先生は私達に教える為に私達生徒以上に勉強会に出たりお家元に習いに行ったりと真摯にお茶と向き合っています。そんな先生に教えていただいている私達はとても幸せだと思います。

またフランス語の先生は若いのでフランス語の勉強の他に
携帯やその他の電子機器の話や、お得な情報を教えてくれます。私にとっては細かな違いやお店によって異なる特典とかは面倒くさくてもうどうでもよいと思ってしまいますが、彼には非常に重要なことのようで嬉しそうに事細かに教えてくれるのがとても面白いです。
彼は全てをフランス語で説明してくれるのですが、私が電子機器に精通していなく訳がわからなくなり時々日本語まじりになってしまうのが悲しいですが…

先生や師と呼ばれるいわゆる他人に影響を与える人ほど 自分の言動に気をつけなければならないと思います。何故ならその言動はとても重いもので
尚且つ責任重大なのです。
教え子にとっては自分の人生に良くも悪くも多大な影響力を受けるからです。

良き指導者に出会える確率は一体何%なのかは分かりません。
指導者と呼ばれる人や、人生の先輩である私達は 責任をもって後輩達の成長を見守って行くのが ひとつの使命だと私は考えてしまいます。

願わくば これからの若い人達が良き指導者にめぐり逢えるようにと思います。

徒然日記